旭区来日外国人不法就労防止連絡協議会
横浜市旭区本村町33番地の5 旭警察署警備課内  電話 045-361-0110
メニュー
不法就労
 不法就労とは
 不法就労の実態
 来日外国人問題点
 不法就労の罰則
 不法就労Q&A
外国人の雇用について
 外国人の適正雇用
 外国人雇用にあたって
 雇用時のQ&A
 外国人との
   パートナーシップ
協議会について
 協議会のご案内
 協議会活動内容
 リンク集
 お問い合わせ

一声クラブ
人のかかわりの草の根活動一声クラブの活動も支援ください。
外国人とのパートナーシップ

 「地球時代」とはグローバリゼーションの時代という意味である。グローバリゼーションは「もはやプロセスではない。それはれっきとした現実である。世界の市場とメディアの一体化が進んでいる。人、モノ、カネ、情報、イメージが国境を越えて自由に、大規模に、移動する時代になってきています。実際に多くの外国人が日本を訪れ、日本に在留し数々の活動をしています。
 当協議会では、不法就労の防止に力を入れると共に、そういったグローバリゼーションの時代にいかに外国人とより良きパートナーシップ(関係)を築いていくかについても力を注いでいます。

外国人=不法就労=犯罪の増加という悪いイメージだけが先行

不法就労者が25万人現実に日本で勤労しているという現実

多くの留学生が、多くのノウハウを日本で収得できる環境作り

留学生が、修学後、日本に就職できる環境、また、研究機関に残り研究を続けられ雨環境作りが必要です。

カルロス・ゴーンさんがニッサンの再建に力を発揮したように、優秀な人材が日本で活躍できるような環境を作っていく必要があります。

現在の不法就労や犯罪の問題点を解決し適正な外国人の在留環境にしていくことにより、経済的にも社会的にもより良きパートーなーシップを構築して行くことが重要です。

Copyright(c)2004 Asahi-ku Visit-to-Japan foreigner illegal working prevention liaison council.